【彰化】八掛山大佛と空中歩道

台中のおとなり彰化市

みなさんは彰化市をご存じですか?

台中から南西へ各駅列車で20分ほどで行けて緑豊な街です。

台湾というと台北、高雄がよくガイドブックにも紹介されていますが、彰化市も観光できる所がありますよ。

彰化でも日本人の観光客の方にはあった事がないので

海外に来た~!って感じにきっとなると思います(笑)

八掛山大佛!大仏様が鎮座する

彰化車站(駅のことを車站といいます)から東へ行きますと、彰化孔子廟があります。

彰化孔子廟というのは、論語の著者で有名なあの孔子をお祀りしてる場所なんですが、そこから更に東に進んだところに八卦山大佛風景區という場所に出てきます。

この場所が、これからお話ししていく舞台となります。

まず、ここには大きな大仏様が鎮座なさっています。

観光客の方は台湾人、ベトナム人、その他アジアの方がたくさんいらっしゃいましたね。

周りにはドリンクを売ってるお店や食べ物を売っているお店もありました。

大きな大仏様の下ではドリンクを売っていたり食べ物を売っていたりします。

大きな大仏様を通り過ぎて少し歩くと高台に出ます。

ここに来たら、この高台からの風景を見るのが一番のオススメです!

なんと、ここからは彰化の街が一望できるんですよ。

彰化市の景色が一望できます。この狭い範囲でしかお見せできないのが残念。実際は素晴らしい眺めですよ。

この高台から見る夕陽はほんとにきれい!

私も陽が沈むまで友達と見ていましたが気づけば周りはカップルばかり~!

日中は写真を撮っている人やギター片手に歌っている人などさまざまでした。

しかもギターを引いていたお姉さんは日本の古い歌を中国語で歌いだしました。

それを聴いて思わず口ずさむ私(笑)

こんなのんびりしたなごやかな時間を、ここでは過ごせますよ。

ここには昼過ぎに着いて長居できたので、夕陽を見られる間は他の場所にも行きましょう!

という友達の勧めで、次の場所に移動する事になりました。

この時は周りの人たちも写真を撮っていました。きれいな夕陽でしょう?みなさんにも実際に見てもらいたいです。

空中歩道へ!

この空中歩道という場所は、さっきの八卦山大佛からすぐのところにあります。

実は友達は空中歩道へ行くとも何も言っていなかったので私は大仏様だけ見学して帰るものだと思っていたんですね。

そしたら友達に「少し歩きますよ~!」と言われて、私「はいは~い!」とか~るく返事をしたら着いた先が空中歩道入口でした。

歩き始めは周りは樹木ばかりですがだんだん開けてきます。

野球のグランドが見えてきたり、遠くの景色もよく見えたり。

でも…私は高所恐怖症なのでした(笑)

何が怖いって足元がね…下が丸見えなんですよ!!

私の歩く姿見た人はたぶん吹き出したと思います(笑)

腰が引けてるしね…

連れて行ってくれた友達は私の気持ちが落ち着くように

「ラテちゃん!ほら遠くを見て~!ねっ!景色きれいでしょう?」

って言ってくれていたんですけどそんな余裕はなかったです(笑)

この空中歩道よく見て下さい。足元が透けてませんか?私がびびりながら歩いた所です(笑)

どうにか着いたら緊張のあまりトイレに行きたくなってですね…

教えてもらった場所に行ったら「厠」の文字がありました。

日本でも「厠」の文字はほとんど見ないですよね?

みなさんも台湾に行った時にトイレに行きたくなったら「厠」を探してみて下さい。

話しがそれてしまいましたね。

まぁこんな怖い思いをして歩いた空中歩道だったので帰りは当然別ルートで帰るのかと思いきや、また同じルートを帰る事になりました。

さて夕方になってきたので大仏様の所に戻りますよ。

彰化の夕陽は素晴らしかった~!

初めに少し書きましたが夕方になると周りに人が集まってきました。 

どうやら私達と同じく夕陽を見るために集まってきたようです。

だんだん陽が沈んでくると、写真を撮り始める人も増えてきます。

私も友達も写真を何枚も撮ってそれを見せ合ったりして、ほんの数分ではあるけれど素敵な時間を共有する事ができました。

みなさんもこういう所でのんびり過ごしてみませんか?日頃の疲れもいつの間にかなくなりますよ。
【彰化】八卦山の夜はファンタジーだった!

まとめ

彰化市は台中からも近くて緑豊な街です。

八卦山大佛のある高台から見る夕陽は素晴らしいです!

ここでのんびりしてみるのはどうでしょう?

そして空中歩道。

私は高所恐怖症で景色まで楽しむ余裕はなかったですが

着いてから見た景色は良かった~!

高い所が大丈夫な方は歩きながらぜひとも景色を見て下さい。

この空中歩道も八卦山も、高い所ではあったけれど高い所だけにそこからの見晴らしが素晴らしかった場所でした。

なごやかなゆる~い空気の中に身を置いていると、日ごろの疲れもいつの間にか癒されていくような気分になっていきます。

あなたにもそんな気分を味わってほしかったから、今回の記事では台中のおとなりの街、彰化市をご紹介してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »