台湾ランタンフェスティバル2020 in 台中

去年も台湾のランタンフェスティバルに行こうと思いながらも風邪をひいてしまったせいで結局行けず、次こそはと思い今年は早くから飛行機のチケットとホテルを予約しておいたおかげで、今回のランタンフェスティバルは始まってすぐに行って来れました。

期間が短かった為早めに行きましたが、やっぱり行って良かった!

と、素直にそんな感想を持つくらいに素晴らしかったので皆さんにもご紹介したいと思います。

ちなみに来年は新竹(シンチュー)で開催されます。

今年の開催場所や開催期間、どういう人達が作っているのかをご紹介しますね。

開催場所は?

まず開催場所ですが、去年4月までフラワーフェスティバルがあった場所である「后里」、読み方は「ホーリー」です。

私は台中に滞在していたので、台湾鉄道(台鉄)の台中駅から4駅先の后里まで行きます。

駅からは徒歩10分か15分くらいだったと思います。

台中で何回も電車に乗っていますが、混んでいる事は今までなかったのにランタンフェスティバルの期間中は、さすが人気のイベントだけあって電車も駅もけっこう混んでいました。

来年行かれる方は少し早めに行った方がいいかも知れませんね。 

日が暮れるほど人が増えてきますから。

会場となった最寄り駅の后里駅です。

開催期間は?

今年のランタンフェスティバルは2月8日~2月23日まででした。

当初の訪台プランとしては2月末にこれを見に行くという予定だったのですが、それだと終わってしまうよと教えてもらったので急きょ予定変して、始まってすぐに行く事になりました。

来年のランタンフェスティバルはまだ期間などハッキリした事は分かりませんけど、また分かったらこちらでご紹介しますね。

今年の台中でのランタンフェスティバルもそれほど長い期間ではなかったので、おそらく来年も同じような期間ではないかな?と思います。

来年は新竹(シンチュー)で開催されます。

制作している人はどんな人達? 

私は社会人だけで制作しているのだとばかり思っていましたが、見てびっくり!幼稚園児から社会人まで制作しているではないですか!

子供たちが作っているランタンは可愛いです。 

ピカチュウやミッキーマウスなど、キャラクターが多かったですがどれも可愛い作品ばかりでした。

この作品は幼稚園児だったか小学生、低学年の子供たちが作った物だったと思います。間違っていたらごめんなさい。
この作品も可愛いですよね。
 

続いては小学生の高学年や中、高生の作品をご紹介したいと思います。

年齢が上がるに連れて作品もどんどんすごくなってきますよ!

会場は幼稚園児部門、小学生部門、中学生部門、高校生部門、大学生はあったかなぁ?あまり記憶がはっきりしていません(笑)

社会人の方はとにかくすごい!としか言い表せないくらい素晴らしいです。

では作品をご覧ください。美しさに目を見張りますよ。

この作品は小学生だったか中学生の作品だったと思います。
こちらは高校生の作品だったような…(確かそうだった気が…)
こちらの作品も高校生の作品だったような気がします。
こちらは社会人の方の作品だったと思います。
このランタン素晴らしいですよね。私、このランタンに一目惚れしてしまいました(笑)

会場の様子はどんな感じだと思いますか?

展示されているランタンの他にも、いろいろなランタンがあって面白い物から可愛い物、日本の各地を表現したランタンなど見どころ満載でした。

このランタンは中も見学ができました。
すごくキレイで写真を撮っている人が多かったです。

ちなみに、この私しろくまラテは関西在住ですので関西のランタンもしっかりと写真に収めてきましたよ。 

奈良のシカや京都の五重の塔など関西らしいですよね。

会場は上を向いても下を見てもランタンとイルミネーションでキラキラ輝いていました。

上を見てもランタンが!
キラキラのアーチもくぐります。。
可愛いくて人気のあったランタンです。
会場はどっちを向いてもランタン、ランタン、ランタン(笑)広すぎて迷子になりそうでした。

会場には屋台もたくさん出ていてお腹が空いてもベンチで食べられるようになっていました。 

友達が買ってきてくれた「臭豆腐」です。日本人にとってはちょっと苦手かも。何を隠そう、この私も苦手なのでした(笑)
こちらは「胡椒餅」といいます。でも日本でいう餅とは違いますよ。生地の中に塩胡椒のきいた肉がぎっしりと詰まっています。それを釜で焼いて熱々をくれるのですが食べる時は要注意です。熱々の肉汁が飛んで洋服を汚しますから。この時の私も洋服を汚しました(笑)

トイレや手洗い場もいろんな所にあったので困る事もなく最後まで楽しめましたよ。

まとめ

今年のランタンフェスティバルは台中で開催されました。 

会場では見渡すかぎりランタンだらけ!

…ランタンフェスティバルなので当然でなのですが(笑)

小さな子供たちから社会人まで、作った作品が数多く展示されています。

会場内には屋台も出店されていていろんなお店がありました。

トイレや手洗い場もいろんな所にあったので会場内でも困る事なく過ごせました。

開催期間があまり長くなかったので今回は早めに行きましたが、もし来年、「私もランタンフェスティバル見てみたいなぁ」と思われる方は私と同じように早めに行かれた方がいいかも知れません。

私たちが行った時もまあまあ人がいたものの、そこまでごった返すほどではなかったです。

後になるほど見に行く人が増えていたようなので、おすすめはズバリ!初日か翌日がいいと思いますよ。

来年は新竹(シンチュー)で開催されますから、台北からも近いと思います。

開催場所がまだハッキリしてませんけど、分かったらまたこちらでご紹介しますね。

最後にちょっと面白いランタンを見つけたので写真をどうぞ!

何のランタンだと思います?実は「タピオカミルクティー」と「小籠包」と「牛肉麺?か普通のラーメン」こういう変わり種のランタンもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »