【台湾】夜市のあとの注意点はこれ!

夜市は楽しいけど遅い時間は気をつけて!

みなさんは台湾に行くとほとんどの人が夜市に行くと思います。

私も夜市は大好きで毎回行きますね~。

終電ぎりぎりまで夜市を楽しみます(笑)

しか~し!遅い時間になると街灯がついてない所が多くてですね、けっこう暗い所もあるんですよ。

細い路地なんかに入ると薄暗くて人も歩いてないんです。

まず女性の方は、夜はこういう所を一人で歩かないで下さいね。

別に危なそうなお兄さんたちがいるわけでもないし、「お金ちょーだい」って言いながら付きまとってくるおじさんが出るわけでもありません。

ただ逆に、誰もいない何も出てこないような所だからこそ、もしそんな場所で犯罪に巻き込まれたとしても誰にもピンチを知らせる事ができない、そういった意味での怖さはあります。

日本国内でも、そういった場所を避けたりしませんか?

いかにゆるい雰囲気の台湾とはいえ、日本国内ではありません。

言葉も習慣も常識も違う外国ですから、少しでも危険そうな雰囲気を感じたら、そこはスルーしておく方がよさそうです。

深夜の台北地下街にて…うそ~!日本語が通じてないよ~!

先ほども書いたように私は夜市が大好きです。

この日も台中で現地の友達と夜市を楽しんでいました。

気づくと終電に間に合うかな?という時間になったいました。

まあなんとか間に合って終電の新幹線で台北に戻ったんですが…

地下街は真っ暗で清掃員のおじさんが一人いただけでした。

私が出たい出口を日本語で訪ねたらおじさんから返ってきた言葉は中国語。

そうです。おじさんには日本語が全く通じてなかった!

私は日本を出る時に台湾は日本語が通じると思い込んでいたのです。

日本語が通じてない事にあぜんとしました。

おじさんは上の階を指差して、なにやら言っているので上の階に行ってみたけど出られず。

また下に降りてきては再び上に上がって…を何度か繰り返していると鍵をかけるおじさんと遭遇しました。

おじさんに出口を聞いてもやっぱり返事は中国語。

あげく「早く外に出ろ!」のジェスチャーで台北駅の外に出されてしまいました(笑)

ここで出されてしまいました(笑)

台湾人は親切でした。見ず知らずの私を助けてくれた。謝謝!

自分が出たかった出口とは違う出口に出てきてしまったものですから、深夜の台北駅周辺を歩いたことのない私にとってはホテルがどっちなのかも分からず途方にくれてしょぼくれていました。

このままではホテルに帰り着けないかも知れない…と焦った私は、誰か人はいないものかと周辺を見渡してましたら、遅い時間だったにもかかわらずバス停に女性を発見!

藁にもすがる思いで、そのバス停にいた女性にホテル名と住所を告げてその場所へ行く方向を尋ねたら、簡単な英語とジェスチャーで親切に教えてくれました。

何度もお礼を言ってホテルに戻った時には1時間近く経っていました(笑)

台湾では日本語が通じると信じていた私がバカでした。

この時はもうほんと~に焦りました(笑)

翌年も深夜に台北地下街を歩きましたが、前回の事があってそこは私も学習したのでこの時は困る事なく目的地の出口へすんなりと出る時ができました(笑)

ここは夕方のMRTの台北駅。この場所よりも少し台北駅よりの所で真夜中に女性と会い、無事ホテルまで帰る事が出来ました。

まとめ

日本語が通じるものだとばかり思ってたから、終電後の駅でいざピンチに見舞われた時に対処できなくなったお話を今回は書いてみました。

日本語どころか、場所によっては英語でさえも通じないケースもあります。

もし翻訳アプリを入れてなかったら、あの夜どうなってたんだろう…と思うと、少し背筋が寒くなります。

だけどやっぱり台湾で夜市に行くのは楽しい~!

もうね、時間の許すかぎり延々と見て回りたくなります。

でも遅くなると街灯も少なく路地は薄暗い所が多いです。

女性はこういう所は歩かないようにしましょう。

助けも呼べないような状態も怖いですが、助けを呼んでも誰の耳にも届かないような場所だったら…。

その場所にはどんな危険がひそんでるのか知ってて近づく場合と知らずに近づく場合とでは、用心の度合いが変わりますよね。

夜市での楽しい思い出をお土産のひとつにして帰国するためにも、なるべく人の多い所に身を置くようにしてみて下さいね。

また終電でホテルへ帰る方は地下街を歩く時に、どこの出口に出たらいいのか最初に確認しておいた方がいいですよ。

私のように迷子になりますから(笑)

台北の地下街はとても範囲が広くて迷路のようです。

地元の台湾人ですら迷うと言っていました。

もしも地下街で迷ったら外に出てみるのをおすすめします。

言葉が話せなくったって翻訳アプリを見せるとほとんどの人は親切に教えてくれますから(台湾に行く前に実際にアプリを試しに使っておいた方が更にいいです)。

そしてこの場を借りてあの時に私を助けてくれた女性にお礼を言いたいと思います。

偶然このブログを見ていてくれたらいいなと思います。

謝謝你幫助我(あの時助けてくれてありがとうございました)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »